書籍・雑誌

2010年1月19日 (火)

免疫力を上げる食の本

19日にもなって今さらですが、2010年、初の更新なので、
一応、ご挨拶を・・・・


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(__)m


すっかりのんびりダラダラブログと化していますが、
今年ものんびりと続けていくつもりなので、どうぞよろしく


 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


さて・・・


昨年10・11月頃に、精神的ダメージを受ける出来事が続き、
そのころはかなり心がダウンしていました。


すべてにやる気が出ず、朝起きるのさえやっと、という状況。


「こんな精神状態じゃ、心だけじゃなく、体の免疫力も下がってしまう!」と思い、
こんな本を買ってみました↓


51wnndfkxvl__sl500_


オレンジページの「免疫力を上げる食の本」です。


実は、心がダウン中は、ご飯の準備さえもやる気が出ず、
コンビニのお弁当を食べたり、外食することもしばしばありました。
でも、それじゃ、栄養が偏りますよね。


「外食→栄養が偏る→体も元気が出ない→やる気が出ない→また外食」

こんな負のスパイラルにハマっていってたと思います。


心と体はつながってるんだなーって、しみじみ思いました。
どちらか片方だけが元気でもダメなんですよね。
心と体、両方が元気にならないと、やる気って出てこないんですよね。


そんなわけで、心を元気にするため、まずは体の免疫を上げようと、
この本を購入してみたのです。


今はもうすっかり元気なので、本は、本棚の隅に追いやられていますが(笑)


いや、でも、読む価値はありましたよ


アマゾンで検索したら、オレンジページ関連で、ほかにもいろいろ出ているようです。
良かったら、コチラを見てみてくださいね。



 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


正月にはもうすっかり元気で、おいしいものを食べまくった私。
そして、年末から降った雪のせいで、どこにも出かける気になれず、
家でゴロゴロ・・・・・


見事に正月太りです。免疫どころの話じゃないし
ハハハ~(と、笑ってごまかす。)


和漢診療科に行くと、毎回お腹の触診があるのですが、
今月の診察では、お腹を触られながら、「体重の変化ありましたか?」と、
いきなり先生に問われる始末(汗)


「ええまぁ・・・先生には言わなくてもバレてるかと思いますけど」と言ったら、
「フフフッ・・・」と笑われ・・・・


やっぱりバレてるじゃないのよ~~~ トホホ・・・


太ったせいか(それだけじゃないとは思うけど)、漢方も変わりました。
ツムラの24番、加味逍遥散(カミショウヨウサン)です。


生姜が入ってるからか、飲むと辛い感じがします。
でも、便秘にも効くらしく、飲んでからまぁまぁ調子が良いです。
精神的な不安にも効くようなので、頑張って飲み続けてみます



Img_1472

“今年は暖冬”の予報もどこへやら・・・・
よく降りました!(写真は今月15日に撮影したものです)


積もった様子がわかれば・・・と思い、窓越しに撮影。
(奥に写った家がぼやけているのは、画像処理です。吹雪ではありません)
50~60cmくらいは積もったでしょうか。
まぁ北海道や北の方の県と比べれば、たいした積雪量ではないと思いますが


今日は晴れていて、これでかなり溶けてくれそうです。


みなさんのところはどうでしたか?


まだまだ寒い日が続きますから、風邪やインフルエンザには
ご注意くださいね

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

記念月

6月には2つ、記念日があります。


ひとつは結婚記念日。
今月、9回目の結婚記念日を迎えました。


不妊やらガンやらで、いろいろあった9年間でしたが、
いろいろあったおかげで(?)、今が一番、良い夫婦関係を
保っているような気がします。

もちろん、ケンカもするし、夫の態度に納得いかない時も
た~~~~~~~~~~~くさんあります。


でもまだ9年。これから先、まだまだ何があるのかわかりません。
2人の前に難問や課題が出てきても、それを苦と思わずに、
ひとつひとつ乗り越えていくことが、私たち夫婦の絆に
なっていくのでしょうね・・・・。



さて・・・・・
もうひとつの記念日は、「ブログ1周年!!」
今日でちょうど1年になりました~♪


1年経ったのに、まだ病気のことを全部書いていないという状況ですが、
ゆっくり書いていくつもりで始めたもので・・・(^^;)
読んで下さってる皆様には申し訳ありませんが、ゆっくりお付き合い下さい。


この1年の間に、いろんな方との出会いがありました。
どの出会いも素晴しくて、私の財産になっています。
心より感謝いたします。

そして、いつも暖かいコメント、ありがとうございます。
皆様の暖かい言葉に支えられてここまできたと思っています。



感謝の気持ちをこめて、次の言葉を贈ります。


「長新太」という絵本作家の言葉です。
この作家さんはガンで亡くなっておられますが、
病床で綴った日記の中の言葉がすごくいいんです。



「病気は好きではないが、フシギなことに好きなところもある。
自分が好きになる。人を好きになる。病気をすると、そんなふうになる。
プレスリーの歌でも聞いて、ゆっくり生きていこう。」




どーですか?
ガンになった人はみな、この言葉の想いがわかるんじゃないかなー
と思いました。


病気はしない方がいいと思います。
でも、病気をする前より、した後の方が、「自分を好きになる」ような
気がします。


そう思える自分は・・・きっと幸せなんだろうな。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

ネコ好きの方に送る物語

私は、動物ならなんでも好きですが、
ネコ派かイヌ派か選べと言われたら・・・イヌ派です。

でも・・・・

自分の本棚にはなぜかネコの話が多い。
意識して集めたわけではないのだけれど。

っていうか、イヌが主役の話って、少ない??
ネコのほうが、お話を作りやすいのでしょうか・・・?

よくわからないけど、今日は自分の持ってるネコの本を
紹介しようと思いまーす。


060903_1007_2

「みかん・絵日記」
これはマンガ。
たしか私が高校生の頃に発売されたのが
最初だったと思います。
単純なストーリーですがほのぼのとしていて
癒されます。
この本、今も売られているのかわかりませんが、
文庫本タイプになって再発売されてたので、
それならきっと今もあるかなーと思います。




060903_1008 「100万回生きたねこ」
これは先日、オレンジ・みかんさんのところで
お話していたもの。
数年前までこんな話があることを
知らなかったのですが、
雑誌かなにかでこの話を紹介してて、
それで読んでみたら・・・
最初、立ち読みしたので、えらいことになりました。
もう涙&鼻水が出そうで、止めるのに必死(笑)
今は家の本棚にあるので、気にせず泣けます(^^;)




060903_100800
「ぼくのねこみなかった?」
これは「エリック・カール」という作家さんの本。
外国の絵本らしく、色彩が明るく、楽しい絵本です。
同じ作家さんの、「はらぺこあおむし」とか
「だんまりこおろぎ」とかも好きです。
保育所の子どもたちも好きな絵本です。





そして、もうひとつ、紹介したい話があります。
こっちは私の持ってる本ではないのですが・・・。

話というか、エッセイですが、これも本当に泣けます。
最初に読んだ時、まだパソコンを持っていなくて、
図書館のパソコンで読んだのですが、
この時も、えらいことになりました。
止めようとしても止められない涙&鼻水・・・
しかも図書館って静かにしなきゃならないのに、
ひとり鼻水をすする女・・・・
恥ずかしかったです。

ネットで読めるので、ネコ好きな方は、ハンカチを用意して、
どうぞこちらへ

あっ、もちろんイヌ派の人もどうぞ!
動物が好きな人ならみんな、共感するものがあると思います。

ネコとは全く関係ないのですが、
「しろいうさぎとくろいうさぎ」という絵本もオススメです!
読まれたことのないかたは、ぜひ、
本屋さんでチェックしてみてくださいね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)