病気

2009年6月18日 (木)

病院ウイーク

今月初めに婦人科へ行ったら、「血液のカスが溜まってる」と
言われていた部分(その記事はコチラ)が、大きくなっていたので、
総合病院でMRIを撮る事になり、今日、行ってきました。


結果から言うと・・・・異常なし!でした。
やっぱり血液が溜まったものだそうです。


でも、大きさが以前の倍になっていたので、最初に婦人科でエコーの画像を
見たときは、マジでビビリました。
腫瘍マーカーも問題ないし、「大丈夫!大丈夫!」と言い聞かせてたけど、
どんなものでも、大きくなってるとビビっちゃいますね


なんともなくて、ひと安心です。


それよりも・・・
検査前に、腸の動きを抑えるためにブスコバンの注射を打ったのですが、
そっちで具合が悪くなってしまって
心臓がキリキリ痛くなりました。今まで何度もMRI撮った事あるけど、
こんなのは初めてで、焦りました


先生に言ったら、「心臓が悪いというわけではなくて、ブスコバンによって
自律神経に影響が出てるだけだから、4~5時間ほどで治るよ」と言われ・・・
たしかに今、なんともなくなりました。


「ちなみに僕は、目に影響出るんだよね~。ものが二重に見えたりして・・・
それも時間経ったら治るけどね」と、先生は言ってました。


おそるべし!ブスコバン!



どうせMRI撮るなら、今月は病院ウイークにしよう!と、
勝手に決めて、気になってたところを一気に調べることにしました。


それに、どんな検査でも、結構お金がかかりますよね。
今月なら、月末に夫のボーナスが出るし、なんとかなるやろ~という
もくろみもあり・・・・
それで、病院ウイークにしたのです。


その①
歯科で歯垢除去&詰め物が取れたところを治す


その②
痔の検査(先月末に、大量出血したので気になっていた)


その③
乳がん検診


この3つをやってきました。


歯科はまだ来週も通いますが、歯垢除去をやってもらってスッキリ!
ちょうど一年前にやってもらってたのですが、たったの一年で、
歯垢ってけっこう溜まるもんなんですねぇ(私だけ?)
まめに行かねば・・・と思いました。


痔のほうは、そんなにひどい状態ではなかったので、薬をもらってすぐに終了。
「ひどくないよ~きれいな状態だわ」と先生に言われてうれしかったけど、
お尻が出てる状態で、そんなふうに言われるのも、なんだか微妙
しかも、看護師さんがかけてくれたタオルは「千代大海」って書いてある
タオルだったし(なんで千代大海?だれかファンなの?)


乳がん検診は、マンモでは異常なかったのですが、念のため、
エコーでも診たほうが良い部分がある、とのことで、
来週、エコーに行ってきます。
まぁ大丈夫でしょう。


このブログを読んで下さってるかたの中で、「自分は病気とは無縁」
「私は大丈夫、問題ない」と思ってるかたがいたら、ぜひ一度、
検診に行ってみてください。一年に一回でいいのです。
自分の体を大切にしてくださいね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

術後6周年

2002年11月12日は手術日でした。


今日、術後6周年を迎えました。
自分がこうして元気でいられることに、改めて感謝です。



そして、今、手術や治療をされている方や、
術後の不安を抱えておられる方々へ・・・・
この“術後6周年パワー”を送りますよ~~~~~
しっかり受け取ってください!!!!


はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(関根勤の“千葉真一ものまね”のイメージでお願いします・笑)


どうかこのパワーが届きますように



今日はとても良い天気だったので、
術後6周年記念(?)に、デジカメ持って、あちこち撮影してきました。


Img_0887_2














これは昼間。
山並がとても美しく見えていました。
この時期にしては珍しい、すっきりとした晴れです。


Img_0891














イチョウ並木の奥に、山が見えているのがわかるでしょうか?
もっと山を写したくて、本当は道の真ん中で撮影したかったんですけど・・・
さすがに危ないので止めました(笑)


Img_0901














夕方になると、山に積った雪に夕陽が当たり、山がピンクに染まります。
これが本当にキレイです。
写真ではなく、実際の様子をみなさんにお見せしたいくらいです。


Img_0920














天気が良く、月の明るい日は、夜になっても月明かりで山がぼんやりと見えます。
山が写っているのが見えるでしょうか?
こういう景色が見られるのも、田舎の醍醐味です



来年もまた、こういう美しい景色が見られますように・・・・


また1年、頑張るぞ~

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

最近の出来事・病気編

またご無沙汰してしまいました。


タイトルにあるように、ここ最近、少し体調が悪かったので、
お休みしていました。


久々のブログなので、記事が長くなるかもしれませんが、
よろしくお付き合いくださいm(__)m



<その①腸閉塞もどき>

結果から言うと、“もどき”というだけあって腸閉塞ではなかったのですが、
腸閉塞かと思うような痛みがあり、お腹が張ってひどかったです。


痛み出したのが、病院の診察時間ではない18時ころだったので、
その日の救急担当だった、総合病院に行きました。


そこで、納得できなかった出来事がひとつ。


検査の途中で、点滴を受けることになり、ベッドで寝ていたのですが・・・・
そこにはいくつかベッドがあって、カーテンで仕切られてはいるものの、
「ほかの患者さんがいるなー」という気配は感じました。


そのうち、隣のベッドの人に、医者&看護師がやってきて・・・・


医者「○○さん、やっぱり腸炎だから、このまま入院しましょうね。
    今すぐ連絡のつくご家族いらっしゃる?奥様とか・・・」

患者「いえ、いないです」

医者「いないって・・・・(言いにくそうに)家にいらっしゃらない、ということですか?」

患者「いえ・・・独身なんで」


こういう会話がつつぬけでした


しまいには・・・・


医者「入院の前に、いろいろ聞いておかなきゃならないんですが、
    今までに、大きな病気とか、されたことありますか?」

患者「(言いにくそうに)子供の頃に、腎臓の病気をちょっと・・・」



隣で聞きながら、「ここで、大きな病気とか聞かないで欲しいなぁー」と
思いました。
もし私が同じ立場だったら、「卵巣がんで・・・」とか言わされてたのかなーと、
嫌な気持ちになりました。


隣の人が誰だか全くわからないし、知らない人だから別にいいんだけど、
それでも、知らない人だらけの場所だからこそ、「がんです」とか、
気軽に言いたくないなぁ・・・と思いました。
でも、救急で病院に行くと、こんなものなんでしょうか?うーん・・・・



<その②じんましん>

原因不明のじんましんが突然出ました。


蚊に刺されたようなあとがお尻に出たのが最初だったので、
「やだわ~今ごろ蚊に刺されたのかしら~?」と、
せっせとお尻に虫刺され用の薬を塗っていたら、そのうち
体全体にポコポコ出始め・・・結局、虫刺されではなく、じんましんでした


季節の変わり目だからでしょうか・・・?
よくわかりません。



<その③四十肩もどき>

“もどき”が続きますが
これも、なんの前ぶれもなく、突然痛みだしました。


なにか重いものを持ち上げたとか、特別なにかした覚えは全くないのに、
朝起きたら急に右の肩に痛みが走り、数日様子をみていましたが、
治らなかったので、接骨院に行きました。


接骨院の先生が言うには、「四十肩というほどひどくない」そうなのですが、
「それに近い感じがある」とのことで、結局、マッサージと電気で温めるのを
毎日やってもらっています。
最近少しずつ良くなってきたところです(まだ痛みはありますが)。


運動不足が原因でしょうか・・・
自分の体のメンテナンスは、もう少しきちんとやらなきゃいけませんね。
反省です




<番外編・乳がん検診>

今月、市の検診を受けてきました。


いつもは総合病院で受けるのですが、おととしまで診てもらっていた
先生が好きだったのに、去年から先生が変わり・・・・
去年診てもらったところ、ちょっと苦手なタイプの先生だったので、
今年は総合病院はやめて、市の検診に行ってみることにしたのです。


でも・・・
総合病院では「マンモ・エコー・触診」の3点セットだったのに、
市の検診ではエコーがありません。
しかも、マンモは「縦方向のみの撮影」!!
(40代から縦・横になるようです)
総合病院では縦も横も撮ったのに・・・
縦だけでわかるんかいな?と、なんだか納得できませんでした。


触診も、総合病院では、「手を下ろした状態」と「手を上げた状態」とで
やったのに、市の検診は「手を下ろした状態」のみ・・・・
うーん・・・・がんを見つける気あるんかな~?なんて思ってしまいました。


しかも、市の検診は、数年前まで無料でしたが、今は500円かかります。
(自治体によって違うと思いますが、うちの市は500円です)
お金かけてやるんだから、ちゃんとやってよーと言いたくなります。


まぁ病院よりも安いお金だし、検診に来た多くの人を短時間でさばくには、
簡単にならざるをえないんでしょうけど・・・・
でもやっぱり、「早期発見が大事だからこそ、ちゃんと診てほしい!!」と
思うのですが・・・・
市の検診じゃ、しょうがないんですかねぇ?


来年は、また総合病院にしようかなぁと思ってます。


以上で、「病気編」は終わりです。

次回は「遊び編」を書きます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

院内・院外

9月1日は、和漢診療科の受診日でした。


そこでは、「薬は院外で」というのが基本なので、いつも何も言わなくても
院外処方にされていたのですが・・・・


みなさんも、ご経験済みかと思いますが、院外薬局って、
いろいろ聞いてきたり、面倒じゃないですか?


そこで今回、和漢診療科で、院外薬局のことを愚痴ってみました。



私 「あのーいつも院外で薬もらうんですけど、院外薬局に
   行きたくないんですよね。だって、いつも余計なこと言われるし・・・」


先生 「例えば?」


私 「薬が変わると、“今回薬が違いますけど、何か気になる症状でも?”とか、
   “お前は医者か!”と言いたくなるようなことを聞かれるんです。
   でも、薬局って、プライバシーもないし、そんな場所で
   “今回は○○の具合が悪くて”とか、言えないですよね?
   それなのに、あれこれ聞かれるし、すごく嫌な思いするんです。」


先生 「それはたしかに、余計なお世話ですねぇ。そういう時は、
     “主治医と相談してますから”とか言って、それ以上何も言わなくても
     いいと思いますよ。」


私 「前に、膀胱炎で薬をもらいに行った時でも、“これは膀胱炎の薬です”って
   大きな声で言われたし、周りの人たちに丸聞こえだったんですよー!
   そういうのも嫌だし、でも、病院って“薬は院外で”ってなってるし・・・
   どーにかならないもんですかねぇ?」


先生 「じゃ、院内に変えますか?和漢の場合、煎じ薬なんかは院内で出すので、
    他の科に比べて、院内で薬を出すのは大目に見られてるんですよ。
    だから、そんなに嫌だったら、変えますよ。」


そ・・・そうなんだ・・・・そうなら、もっと早くに変えてもらえば良かった・・・・



それにしても、愚痴ってみるもんです。


院外薬局が嫌な方は、先生に愚痴ってみるのもあり!かもしれませんよ。
というか、院外薬局であれこれ聞かれるのがなくなってくれれば、
それでいいのにな・・・・はぁ・・・


| | コメント (24) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

ドジっちゃいました

21日、夕方のことです。


その時私は、家の1階にいて、夕立に気づくのが遅れました。
1階は窓を閉めて、エアコンかけてたんですが、
2階は全部の窓を開けていました。


「うわっ!夕立だっ!2階の窓閉めなきゃ!」と、
大慌てで2階へ行き、階段近くの部屋の窓から閉めようと
窓に寄ったとたん・・・・


ツルッと滑ってしまいました


“窓を閉めなきゃ”ということに集中してて、窓の下の床が
ベチョベチョに濡れてることに、全く気づかず、
勢いよく走っていったものだから、そこに溜まってた水で
滑ってしまったのです・・・・ドジです・・・


気づいたら仰向けに倒れてて、一瞬何が起こったのか
わかりませんでしたが、すぐに両足に激痛が走りました。


うちは、壁に備え付けの“パネルヒーター”(冬の暖房器具です)が
ついているのですが、滑ったときに、そのヒーターの下部分に
両足を強打してしまったのでした
(片足ならまだしも、両足です・・・トホホ・・・)


窓はまだ開いてるし、誰かに頼みたくても、夫はいないしで、
痛みをこらえ、なんとか全部の窓は閉めたものの、
もうその時点で、歩けないほどの激痛。
左足のくるぶしは、すでに腫れあがっていました。


這うようにして1階へ戻り、仕事に行ってた夫に電話し、
新聞に出てた、“休日当番医”の整形外科へ連れて行ってもらいました。


レントゲンを撮りましたが、幸い、骨は折れておらず、
「強打したことで、細かい神経に傷がつき、痛みがひどいのでしょう」と
言われました。


痛み止め(ロキソニン)と、湿布薬をもらい、帰宅しました。


ロキソニンが効いたのか、今は何とか歩けるのですが、
左足の方が痛みがひどく、いまだに左は体重がかけられません。


車の運転もできないし、家から全く出られず・・・・
引きこもり生活です。
また太りそうで怖い・・・・
(太る心配をしている場合ではないのだが)


家の中でケガをするなんて、情けないかぎりです
いつになったらこの痛みが引くのか?と、悲しくなり、
今、めちゃめちゃブルーです
「ちょっと転んだだけで、こんなひどいケガになるなんて、
やっぱり夫の厄年のせいか?」と、夫をうらめしく見てみたり(笑)




そういうわけで、しばらくお休みします。


パソコンはできるのですが、同じ体制でいるのがツライというか、
座ってても、寝てても、ずっとその姿勢でいると、足の痛みが増すんです。


今も椅子に座ってるのですが、ずっと足をおろしてると、
左足が疼きだすので、長くパソコンができません。
なので、今回は、コメント受付もお休みします。


みなさんのところも行きたいのですが、ブログ巡りもお休みします。
さみしいですが・・・・


元気になったら、また復活しますので、それまでみなさん、お元気で。


楽しい夏をお過ごしくださいね

| | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

今度は歯科へ

5月・6月と、なぜか、病院通いの連続。


風邪ひいて内科、足の捻挫で整形外科、お尻からの出血で外科、
という具合に、ひとつ終わってはまた次の病院に通う、ということが
この2ヶ月続いていました。


この前、内視鏡検査が終わり、「ヤレヤレ・・・やっと病院通いが
終わったぞ~」と思ったら、8日の夜に、奥歯にかぶせてあった銀が、
ポロッととれました


「え~また病院行かなきゃならないのぉ~?」と、ガッカリ


なぜか続くときは続くんですよねー。


がんになった年も、その前に痔の手術やって、風邪もひいて、
歯科にも行って・・・・という状況でした。


その時は、私が“前厄”だったので、「やっぱり厄年って
こんなもんなのね~」などと思ってたのですが・・・・


今は厄年じゃないしな~なんでだろ?と思いましたが、
よくよく考えてみたら、夫が“本厄”でした


まぁ夫の厄を引き受けたと思えば、我慢できるはず・・・・
(と、心にもないことを言ってみる・笑)


夫は「あんたって、病院通い続く時は続くよね~」などと
お気楽に言っていました。
「オメーのせいだよ」と、心の中だけで言ってあげるやさしい(?)私フフッ


・・・・というわけで、今日(10日)、歯科へ行ってきました。


歯科ってイヤなんですよねー。
あの「キュイ~ン」って削る音がぁ~~~~~


もう行く前から、あの音を想像して、ブルーになってたんですけど、
行ってみて驚きました。


1年ほど前にできたばかりの、新しい歯科医院が良いという話を
聞いていたので、うちからも近いし、そこに行ってみたのですが、
まず待合室がすっごくキレイ!!
椅子もふかふかのオシャレな椅子で、座り心地も
その雰囲気の良さに、恐怖心も消えました。


そして、治療するのに麻酔をするのですが・・・・
「まず表面麻酔をしますね」と、歯科衛生士の人(たぶん)が、
歯ぐきに小さい紙みたいなのをペタッとのせていきました。


「え?これで麻酔?」と思いましたが、しばらくすると、
なんとな~くしびれてるような感覚。
どうやらそれで麻酔がかかってるようで、オドロキ!です。


ここ数年、歯科には行ってなかったので、
「こんなに技術が進んでるんだぁ~」と、感激です


深く削る時は、さらに麻酔を注射することになるようですが、
私は今回、浅く削るだけだったので、その表面麻酔だけで終了。
やったぁ~
ブラボー表面麻酔~


心配していた他の歯は、今のところ虫歯にはなってないそうで、
無事に治療終了・・・・
かと思いきや、「今度は歯のクリーニングされたほうがいいですよ」
などと勧められ、次週やることに


歯科って、なぜか1回じゃ終わらせてくれないですよねー。
まぁ歯垢除去とかもずいぶんやってないし、この際、
やれるものは全部やっておけばいいとは思うんですが・・・


結局、歯科でテンション下がるようになってるのでした


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

内視鏡検査

先週金曜に、血便が出ました。
(いきなりこんな話ですみません


今までに見たことのない、大出血!
便器の中の水も真っ赤になりました。


数年前に、うちの夫も、血便が出て検査したことがあるのですが、
その時、大腸にポリープが見つかった、なーんてことがあったので、
「もしかしたら私も・・・」と怖くなり、今週すぐに病院へ行きました。


内視鏡検査をすることが決まり、今週水曜にやってきました。


結果は◎
とりあえず、なんともなくてひと安心です。


小さい痔があるのがわかり、そこから出血したのでは?
ということでしたが、でも、先生が言うには
「こんな小さいものから、そんなに出血するとは思えないんだけどねぇ」
とのことで、でも、大腸もなんともないし、結局、
「なんで出血したのやら・・・・」という感じでした


痔のほうも、薬で治せる範囲だということで、薬をもらって終わり!でした。


それにしても・・・・・


内視鏡検査を初めてやりましたが、あれ、ツライです
もう二度とやりたくないです。


まず、前日の夜に下剤を飲み、検査日の朝はトイレへ2回。


病院で「便出ましたかぁ?」と聞かれ、
「もう2回行きましたけど」と言ったものの、
「2回ね・・・それでも、念のために、浣腸はさせてもらうね」と、
看護師さんに、にこやかに言われ、浣腸1回。


「じゃ、前の待合席で5分くらい我慢してからトイレ行ってくださいね~」と言われ、
とりあえず座ってみたものの、我慢してると冷や汗がタラ~リ・・・・


「座ってるのはツライ!」と思ったので、近くをウロウロ歩き、
便意を我慢。


それでも4分が限界でした


もう我慢できな~い!!と思い、トイレに入ってズボンを下ろそうとしたら・・・
あれ?すでにファスナーが開いてる?!


ひょえ~(--;)
浣腸したあと、ファスナーを閉め忘れてたみたい・・・・
開いたまま、ウロウロしてたっっっ!!!
違う冷や汗も出ました(笑)


その後、すぐに内視鏡室へ。


「開腹手術をしてる人は、腸が癒着してることがあるので、
S状結腸の所で入りにくいかも」とか、
「検査中に、腸に穴が開く人がまれにいます。
1万人に1人くらいの割合だけど」とか、恐ろしい話を先に言われるので、
ドキドキしてましたが、心配してた癒着とかもあまりないみたい、とのことで、
スムーズにカメラが入りました。


でも・・・・
S状結腸のところをカメラが進む時は、ものすごくお腹が痛いし、
ほかのところも、カメラが入ってる間じゅうずっと、便を出したいような
感じが続くし、ずっと下痢の痛みを我慢させられてるような感じでした


あと、腸の中を見やすくするために、空気を入れて腸を膨らますのですが、
これもつらかった!


「おならが出れば元に戻ります」という話だったけど、
私はなかなか元に戻らなくて・・・・
おならを出しても出しても、ずーっと張った感じが治りませんでした。
(次の日の夕方くらいにやっと戻ったような感じです)


いろいろツライ検査でしたが、自分の腸を自分の目で見られたので
それは良かったです。
カラーの画像だったので、腸の中の血管とかもハッキリ見えるし、
「おお~!これが腸の中かぁ~!」と、ちょっと感激しました(←変?)


血便出た時の血の色を最初に聞かれるのですが、
「鮮やかな赤」だったと言うと、
「じゃ直腸から下行結腸まで見ますね。だいたい60~70cmくらいまで
進みます」との話だったのですが、実際は、
「もう90cmくらい来ましたよ~。スムーズに入ったので、
長めに診ておきました」と言われました。


長めに診てもらえたのはありがたいのだけど、私は痛かったので、
「なんでそんなに進んじゃったのよぉ~~~~~
早く終わってよぉ~~~~~」と、心の中で叫んでいました(笑)



~ご参考までに~
血の色が鮮やか、ということは、肛門から近いところでの出血、
ということになるそうです。
なので、直腸~下行結腸までの検査になります。
腸の奥の方での出血になると、腸を通ってくる間に、
ドス黒い血の色になってくるそうなので、その場合は、
検査入院となり、横行結腸~上行結腸も調べられます。
血の色でどこから出血しているのか、だいたい判断できるそうです。



いろいろツライ検査でしたが、何事もなかったことに感謝です。


それにしても、私が病院行く時って、シモばっかり
やだなぁもう~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

ご無沙汰しました

ずいぶん長いこと休んでしまいました。


冬の間、北陸は日照時間が少なく、暗い日が多いせいか、
なぜかいつも2月に気持ちが↓↓↓となってしまいます。
体は元気なのですが、気持ちがついていかなくなってしまって。


ここ最近、やわらかい日の光が差すようになり、
暖かくなってきて、やっと気持ちも上向いてきました。
休んだ分、頑張りますよー!!!


さて、私はずーっと貧血に悩まされているのですが、
前回の記事に書いた総合病院で、血液検査をしたところ・・・
今までどんなに頑張っても上がらなかった“ヘモグロビン”の
数値が上がっていました\(^o^)/


ちなみにヘモグロビンの標準値は、

(男性) 13.3~17.4g/dL
(女性) 11.2~14.9g/dL


なのですが、私はいつも10ぐらいでした。


それが先月やった検査では、11になっていたのです!


今まで鉄のサプリメントを飲んだりしても全然上がらなかったのに、
なんで今になって数値が上がったのかなー?と考えてみたのですが・・・
どうやら「ハーブティ」が効いたみたいです。


ハーブティって少し味にクセがあって苦手だったのですが、
時々通っているアロマのセラピストの人に、
「ハチミツを入れると飲みやすいよ」と教えてもらい、
それからハチミツを入れて飲んでいます。
たしかに味がまろやかになり、飲みやすいです。


それと同時に、コーヒーをカフェインレスに替えました。


カフェインが貧血に良くないと知りつつも、私はコーヒーが大好きで、
我慢しようとすると、それがかえってストレスになったので、
やめられませんでした。


それならせめてカフェインレスにしてみようか・・・と思い、
ハーブティを飲み始めるのと同時に、カフェインレスコーヒーに
切り替えてみたのでした。


ハーブティは、

●ネトル
●ハイビスカス
●ラズベリーリーフ
●ローズヒップ
●ルイボスティ

この5つをブレンドして飲んでいます。

この中の「ネトル」が貧血に効く、ということで続けていたのですが、
飲み始めて1ヶ月ほどで効果が出たのでビックリです。


ハーブティもノンカフェインだし、やはり今までカフェインが
良くなかったのでしょうか・・・・?


これから先も、良い数値が維持できるかどうかはわかりませんが、
せっかく効果が出たところなので、もう少し続けてみようと思っています。



 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


ブログを休んでいる間に、ミームラさんが亡くなっておられたことを
知りました。


ミームラさんと初めてお話したのは、ミームラさんが
「がん友MAP」を作られた時。


私もお仲間に入れて頂こうと思い、コメントを入れたのが
最初でした。


「わ~い、こうめさんだ~」って喜んでくださったこと、
とてもうれしかったです。


そして、
「病気のことを忘れるほど元気になられた方のブログは
みんなの希望であり、目標です。勇気が出ます!ありがとう」と
言ってくださったこと・・・・
本当にうれしかったです。


これからも、このミームラさんの言葉を忘れずに、
私は頑張っていこうと思います。
本当にありがとうございました。


ミームラさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

少しせつない2月

私はガンの手術&治療を総合病院でやってもらったのですが、
主治医が開業してからは、そっちの病院で診てもらっています。


ただ、個人の病院にCTなどの機械は無いので、
CTやMRIなどやる時は、主治医が勤めていた総合病院に
紹介状を書いてもらって行くことになっています。


先月行ったCT検査も、総合病院でやってもらいました。
詳しい検査はすべてその総合病院で、ということになっているので、
前回の記事に書いた、子宮筋腫の検査も一緒にやってもらうことになり、
昨日、その検査を受けてきました。


「少し痛い検査」とは聞かされていましたが、
実際のところ・・・・
ホントに痛かったです(T_T)
今もまだお腹がじわ~っと痛みます。


しかも結果が微妙でした・・・・
あ、でも、命に関わるような深刻なものではないので、ご心配なく。


ただ、自分にとってはショックだったというか・・・・
どんな事だったかは、今、どうしても書く気になれないので、
ご容赦ください。すみません。



私が内診室で検査を受けている時、
隣の診察室から話し声が聞こえてきました。
(診察室と内診室は隣なんです。しかも壁が薄いので、
大きな声だと会話が聞こえてきます)


どうやら妊娠してるかどうかを調べたところだったらしく、
「赤ちゃんはもう○週目ですね」
「来週あたり、赤ちゃんの姿がハッキリ見えてくると思いますよ」
などなど、楽しそうな笑い声と共に会話が聞こえてきました。


痛い検査を受けてる横で、妊娠報告を聞いてる人もいるんだなぁ・・・
と思ったら、なんだかちょっぴりせつなくなってしまいました。
待合室で思わずウルッとなったりして・・・(^^;)


その総合病院は、産婦人科と小児科が隣同士で、
待合室も隣同士なので、そういう部分でもせつなくなる場面が多いです。
総合病院という性質上、しかたないことではありますが・・・


もちろん、私は自分を不幸だとは思ってないし、
今、とても幸せです。


ただ、今日は少しせつなくなってしまったのでした。


今月は私の誕生日がある月。
せつないスタートになってしまいましたが、頑張ろうと思います。


みなさんの中にも、2月生まれの方が多いですよね。

みなさま、素敵な誕生日をお迎えくださいね♪

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

卒業

月曜に撮ったCT検査の結果を今日(もう昨日になっちゃいましたね)
聞いてきました。


結果は・・・◎です(^^)
おかげさまで、ガンに関しては全く問題なし!です。


ただ、ちょっと気になることも・・・


その①
肝臓に脂肪の沈着があるとのこと。
(これは4年目の検査の時から言われています)


「脂肪の沈着」とは、つまり、「脂肪肝」ということです、ハイ。


「先生、これって・・・脂肪肝、ってことですよね?」と確認したところ、
「うん、そう。遠まわしに“痩せろ”って言ってるようなもんだよね」と、
にこやかに言われてしまいました(--;)


たしかに運動不足だし、この頃はまた太って、
体が重くなってるのを感じてました。
冬の間、外が寒いと歩くのがおっくうで、つい車に頼っちゃうし・・・
やはりそういう生活ではダメですね。くすん(T_T)


頑張って、ジム通いせねばっ!!


その②
もともと子宮筋腫があるのですが、
「ちょっと筋腫のある場所が良くないかな~」と言われ、
どの場所にできているのか、ハッキリと見るために、
詳しい検査をすることになりました。


ガンとかそういうことではないし、特に気にしてはいないのですが、
「その検査ね、ちょっと痛いかも」と言われ、その「痛い」ということに
ビビってます(>_<)
痛いのはヤダなぁ・・・・


「でも、痔の手術よりは痛くないやろ~」と、自分を励ましてます。
(痔の手術は、私の中で「痛みベスト1」なのです)


そういうわけでいろいろありますが、とりあえず、がんに関しては
無事に「卒業」です。
腫瘍マーカーとか内診とかで、調べてもらってはいるものの、
やはり不安な部分もあり・・・こうやってCTで結果が出ると、ホッとします。



今日は「せっかく総合病院に来たんだから・・・」と思い、
ついでに皮膚科も受診してきました。


この乾燥する時期、部分的に皮膚のかゆみが出るので(少しアトピー気味)、
定期的に塗り薬をもらっています。
2・3日前から足の裏が痛くて(たぶんウオノメ)それも気になっていたし、
腰のほくろもかゆくて仕方なかったので、一緒に診てもらいました。


足の裏はやはりウオノメ。
「硬くなったところを削るしかないんだよね」と言われ、
いけばな教室用のハサミか?と思うような形のハサミで
(それよりは少し小さめのハサミだったけど)
チョキン!とやられました(T_T)
そんなに痛くはなかったけど、ハサミにビビリました。


そして腰のほくろは・・・
ほくろと言うより「イボ」だそうで、「歳をとるとできるタイプのもの」と
言われてしまいました(^^;)
ちょうどパンツのウエスト部分があたるところなので、
こすれて、かゆみが出やすいようです。
こっちは液体窒素(だったかな?)で、ジュワッと焼かれました(T_T)
しばらくヒリヒリしてましたが、家に帰るころには治まってました。


そして最後には、皮膚科の薬を取りに、「院外薬局」へ(--;)
はぁ・・・ここでいつもテンションダウンするんだよなぁ・・・
今日もやっぱり(--;)←こんな感じでしたわ。
ヤレヤレ・・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧