卵巣がん

2012年11月13日 (火)

10周年

前回の記事から、ずいぶん時間が経ってしまいました


みなさんのブログも、読ませて頂いてはいるものの、
ずっと読み逃げ状態です。
すみません



ところで・・・
なぜ久々にブログを更新したかというと・・・


11月12日で、術後10年を迎えたからです
(手術をしたのが、2002年11月12日でした)


手術をした頃は、10年ってまだまだ先だなぁと思っていましたが、
ついに術後10年を迎えることができました



久しぶりに、10年前に書いていた日記を読み返してみました。


そこには、「感謝」という言葉がたくさん書かれていました。


あの頃の私は、がんになったことで、当たり前のことが
当たり前じゃなかったと気づかされ、
いろんなこと、いろんな人に感謝をしたくなったのだと思います。


そんな気持ち、10年経った今ではすっかり薄れてしまっていました。


再発もなく、元気に10年を迎えられたこと、
それは自分ひとりの力ではないことを
10年前の日記を読み返してみて、改めて思わされました。


ここでまた、日々感謝する気持ちを思い出して、
前に進んでいこうと思います。


みなさんにも、この“10年越えパワー”が届きますように・・・・

おりゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~

しっかり受け取って下さいね


O0640064012237357349

↑我が家の愛犬(2歳10ヶ月・メス)です
この子に、日々、癒されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

7年です

今日で、術後7年になりました。


いろいろな思いを抱きながらではあるけれど、毎年、この日を
無事に迎えられることに、感謝しています。


ではここで、“術後7年パワー”を送らせていただきます!
(去年もやりましたが、今年もやりますよぉ~)
今、頑張ってるおられるみなさんに届きますように・・・・


おりゃ~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!


そしてオマケ。


Ca1c8xkw_2






















なんだか“魔よけ”みたいな写真ですが(笑)
こっちのパワーも届きますように

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

病院ウイーク

今月初めに婦人科へ行ったら、「血液のカスが溜まってる」と
言われていた部分(その記事はコチラ)が、大きくなっていたので、
総合病院でMRIを撮る事になり、今日、行ってきました。


結果から言うと・・・・異常なし!でした。
やっぱり血液が溜まったものだそうです。


でも、大きさが以前の倍になっていたので、最初に婦人科でエコーの画像を
見たときは、マジでビビリました。
腫瘍マーカーも問題ないし、「大丈夫!大丈夫!」と言い聞かせてたけど、
どんなものでも、大きくなってるとビビっちゃいますね


なんともなくて、ひと安心です。


それよりも・・・
検査前に、腸の動きを抑えるためにブスコバンの注射を打ったのですが、
そっちで具合が悪くなってしまって
心臓がキリキリ痛くなりました。今まで何度もMRI撮った事あるけど、
こんなのは初めてで、焦りました


先生に言ったら、「心臓が悪いというわけではなくて、ブスコバンによって
自律神経に影響が出てるだけだから、4~5時間ほどで治るよ」と言われ・・・
たしかに今、なんともなくなりました。


「ちなみに僕は、目に影響出るんだよね~。ものが二重に見えたりして・・・
それも時間経ったら治るけどね」と、先生は言ってました。


おそるべし!ブスコバン!



どうせMRI撮るなら、今月は病院ウイークにしよう!と、
勝手に決めて、気になってたところを一気に調べることにしました。


それに、どんな検査でも、結構お金がかかりますよね。
今月なら、月末に夫のボーナスが出るし、なんとかなるやろ~という
もくろみもあり・・・・
それで、病院ウイークにしたのです。


その①
歯科で歯垢除去&詰め物が取れたところを治す


その②
痔の検査(先月末に、大量出血したので気になっていた)


その③
乳がん検診


この3つをやってきました。


歯科はまだ来週も通いますが、歯垢除去をやってもらってスッキリ!
ちょうど一年前にやってもらってたのですが、たったの一年で、
歯垢ってけっこう溜まるもんなんですねぇ(私だけ?)
まめに行かねば・・・と思いました。


痔のほうは、そんなにひどい状態ではなかったので、薬をもらってすぐに終了。
「ひどくないよ~きれいな状態だわ」と先生に言われてうれしかったけど、
お尻が出てる状態で、そんなふうに言われるのも、なんだか微妙
しかも、看護師さんがかけてくれたタオルは「千代大海」って書いてある
タオルだったし(なんで千代大海?だれかファンなの?)


乳がん検診は、マンモでは異常なかったのですが、念のため、
エコーでも診たほうが良い部分がある、とのことで、
来週、エコーに行ってきます。
まぁ大丈夫でしょう。


このブログを読んで下さってるかたの中で、「自分は病気とは無縁」
「私は大丈夫、問題ない」と思ってるかたがいたら、ぜひ一度、
検診に行ってみてください。一年に一回でいいのです。
自分の体を大切にしてくださいね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

術後6周年

2002年11月12日は手術日でした。


今日、術後6周年を迎えました。
自分がこうして元気でいられることに、改めて感謝です。



そして、今、手術や治療をされている方や、
術後の不安を抱えておられる方々へ・・・・
この“術後6周年パワー”を送りますよ~~~~~
しっかり受け取ってください!!!!


はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(関根勤の“千葉真一ものまね”のイメージでお願いします・笑)


どうかこのパワーが届きますように



今日はとても良い天気だったので、
術後6周年記念(?)に、デジカメ持って、あちこち撮影してきました。


Img_0887_2














これは昼間。
山並がとても美しく見えていました。
この時期にしては珍しい、すっきりとした晴れです。


Img_0891














イチョウ並木の奥に、山が見えているのがわかるでしょうか?
もっと山を写したくて、本当は道の真ん中で撮影したかったんですけど・・・
さすがに危ないので止めました(笑)


Img_0901














夕方になると、山に積った雪に夕陽が当たり、山がピンクに染まります。
これが本当にキレイです。
写真ではなく、実際の様子をみなさんにお見せしたいくらいです。


Img_0920














天気が良く、月の明るい日は、夜になっても月明かりで山がぼんやりと見えます。
山が写っているのが見えるでしょうか?
こういう景色が見られるのも、田舎の醍醐味です



来年もまた、こういう美しい景色が見られますように・・・・


また1年、頑張るぞ~

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

ノー・モア・ドラッグ・ラグキャンペーン

もうすでに、いろんな方のブログで紹介されているので、
みなさんご存知かと思われますが、ドラッグ・ラグのことについての記事を
転載させていただきます。


ちょっとブログを休んでいたので、すっかり出遅れてしまいましたが、
まだ読んでいらっしゃらない方に読んでいただければ・・・・と思い、
遅ればせながら、紹介させていただくことにしました。


ひとりひとりの力は小さくても、みんなで行動すれば、何かが変わるかも
しれません。
ぜひお読みください。


---------------------------------------------------



みんなの声を届けよう!
ノー・モア・ドラッグ・ラグキャンペーン!



どうして世界80カ国で承認されている薬が日本で使えない!?
卵巣がん患者は切実な問題にぶつかっています。
再発しやすいと言われる卵巣がん・・・
それなのに抗がん剤によるアレルギーや耐性が起こった時に
次に選択できる抗がん剤が少ないことです。
そこで世界中で標準的に治療に使われている薬剤を承認してほしいと願っています。


舛添厚生労働大臣は「新薬の承認を従来の4年から1年半に
審査機関を短縮することを公約
」されていますが、私たちが求めている薬は
新薬ではありません!


日本で、他の部位のがん患者さんが普通に使っている薬なのです!
日本に薬があるのに、他の部位では承認されているのに卵巣がんには使えないのです!
そして日本はこういった【適応症ごとの承認】が必要なため、
患者が少ない部位のがんにたいしての承認申請がなかなかされず、
ドラッグ・ラグが深刻
なのです!
卵巣がんだけじゃなく、知らず知らずに他のがん患者さんもドラッグ・ラグの
被害者になる可能性がある
のです!
おかしくないですか!?


さらに、08年05月に放送されたフジテレビとくダネ!のVTRの中で、
審査を担当する「医薬品医療機器総合機構」には抗がん剤の
審査をするチームが一つしかない
ということが報道で流れました。
つまり、優先審査も通常審査も同じチームでの審査で高速道路でお金払う車も
ETCの車も同じレーンに渋滞で並んでいるのと同じなのです。
機構は職員の増員を図っていますが、抗がん剤の専門官の確保が
なかなか進んでいないといわれています。


すでにこんな悲劇が起こっています。
外来化学療法室でカーテンで仕切られた隣のベッドのすい臓がんの患者さんが
「ジェムザール」を打っている。
自分は卵巣がん患者だから再発してもう手が無い状態に近づいているのに
その薬が打てないのです。
患者さんは言いました。
「隣の人の点滴の針を抜いて自分に挿したかった。悔しいよ!」
その患者さんは先日40歳になったばかりで小さいお子さんを残して亡くなりました。


8月初旬に放送された日本テレビのニュースリアルタイムでは
PhRMA(米国研究製薬工業協会)のアイラ・ウルフ氏がいいました。
「ドラッグ・ラグの問題で患者が不必要な死をとげることになる」
「これは最優先課題である」。


ドラッグ・ラグはさまざまな問題から引き起こされています。
製薬会社が上記のように費用対効果の面から申請しない「申請ラグ」
医薬品医療機器総合機構に審査官がいなくて審査がなかなか進まない「承認ラグ」
抗がん剤で副作用ゼロのものはないのに少しでも何かがあれば
犯人探しをして騒ぎ立て国に圧力をかける一部のマスコミ。
そして無関心で自分では何もできないと考えて傍観している患者たち。
私たちも一つの原因です。


私たち卵巣がん患者は10年生存率10%とガイドラインで明記される
予後の厳しいがんです。
でも世界の標準治療をうけたい。当たり前の治療を当たり前にうけて
生きられる限り生きたい。
もちろん副作用があることも、効果があるのは一部の患者さんにだけであることも
しっています。
新薬がほしいといってるわけではないのです。
その薬は日本にすでにあるんです!
私たちにはまだまだできることはある!
みんなで声を届けましょう。


【ドキシル】
ヤンセンファーマ株式会社
世界約80カ国で承認されている。
日本ではカポジ肉腫に07年1月に承認されている。
ドラッグ・ラグ9年

【ジェムザール】
日本イーライリリー株式会社
世界60カ国以上で承認されている。
日本ではすい臓がんなどに承認されている。
ドラッグ・ラグ2年
奏功率はドキシルと同じくらいという報告がある
先日の未承認薬検討会議で国から製薬会社に関して患者会の要望と
国の要望が伝えられているが、現在承認申請に関しては検討中。

【トポテカン】
日本化薬株式会社
世界70カ国以上で承認されている。
日本では肺がんなどに承認されている。
ドラッグ・ラグ12年
卵巣がんには07年05月に申請が出されているが、通常審査であるが・・・


長くなりましたが、意見はこちらにそれぞれ送ってください。
文章は下手でもつたなくても構いません。
皆さんが番組を見て、スマイリーのHPをみて感じたまま
書いていただけましたら幸いです。
スマイリーの意見ではなく、皆さんの思いを届けてください。


厚生労働省 ご意見フォーム

日本テレビ「ニュースリアルタイム」
画面左の「情報・ご意見募集」へ

ACTIONの町亞聖キャスターのブログ
厚生労働省の方も結構読んでいるらしいです。


-------------------------------------------------------------------

※以上、卵巣がん体験者の会スマイリー
 代表の片木美穂さんがお書きになった記事からの転載です。


※コメント受付は今回お休みします。

| | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

粗品タオルが似合う女

“粗品タオルが似合う女”とは・・・

この人です↓


080529_171501
なにすんのよ~!!
(ちょっと怒ってます・笑)


うまい具合に、タオルが破けていたので、
そこから耳を出してます








最初は嫌がっていたけど・・・・


もともとこの人は、“ナルシスト”なので(笑)、
「いやんかわいい~似合ってる~」などと声をかければ、
満更でもないような顔に変わります


080529_171600
もうタオルが頭の一部と化しています(笑)
あまりに満足そう(?)だったので、
この写真をもっと美しくしてあげることにしました。









080529_17160005
どーですか?
このナルシストっぷり










面白かったので、まだまだこの写真で遊んでみました


080529_17160003
頭にネクタイを巻くサラリーマン風?











080529_17160006
レディース風?











すみません、こんな飼い主&犬で・・・・
どっちもアホなんです


最近暑いので、頭が壊れてます(笑)




話は変わりますが・・・・


今日は婦人科に行ってきました。


私は右の卵巣に「チョコレート嚢腫」があるのですが、
内診したら、嚢腫の中に、今まで見えたことのない
怪しい影が見えていました。


左卵巣のガンが見つかった時と同じような影だったので、
「もしやこれって・・・・」と、焦りましたが、
先生の話では、「血液のカスとか溜まったものだろう」とのことで、
ひと安心。


先生は内診エコーで見ながら、「心配したけど、この影には
血液は通ってないし、大丈夫そうだね」と言っていたのですが、
エコーってすごいんですねー。
画面は白黒なのに、血液が通ってるかどうか、
色で出すことができるんですよ!


その影のあたりを先生は何度も見てたけど、色の反応はありませんでした。
血液が通ってる反応が出れば、「怪しい」ということになるようなのですが、
本当になにもなくて良かったです。


腫瘍マーカーも正常値だし、何もないとは思いましたが、
やっぱり影とか見えると・・・ものすごく不安になります。
なんともなかった、と、わかってる今でも、
「ホントに大丈夫なんだろうか?」と、不安になってしまいます。


一度ガンを経験してるんだし、もしも次になにかあっても、
冷静に受け止めねば・・・などと、常々思っていましたが、
やっぱり焦ってしまうもんですね・・・・


ヘタレな私です・・・・

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

卒業

月曜に撮ったCT検査の結果を今日(もう昨日になっちゃいましたね)
聞いてきました。


結果は・・・◎です(^^)
おかげさまで、ガンに関しては全く問題なし!です。


ただ、ちょっと気になることも・・・


その①
肝臓に脂肪の沈着があるとのこと。
(これは4年目の検査の時から言われています)


「脂肪の沈着」とは、つまり、「脂肪肝」ということです、ハイ。


「先生、これって・・・脂肪肝、ってことですよね?」と確認したところ、
「うん、そう。遠まわしに“痩せろ”って言ってるようなもんだよね」と、
にこやかに言われてしまいました(--;)


たしかに運動不足だし、この頃はまた太って、
体が重くなってるのを感じてました。
冬の間、外が寒いと歩くのがおっくうで、つい車に頼っちゃうし・・・
やはりそういう生活ではダメですね。くすん(T_T)


頑張って、ジム通いせねばっ!!


その②
もともと子宮筋腫があるのですが、
「ちょっと筋腫のある場所が良くないかな~」と言われ、
どの場所にできているのか、ハッキリと見るために、
詳しい検査をすることになりました。


ガンとかそういうことではないし、特に気にしてはいないのですが、
「その検査ね、ちょっと痛いかも」と言われ、その「痛い」ということに
ビビってます(>_<)
痛いのはヤダなぁ・・・・


「でも、痔の手術よりは痛くないやろ~」と、自分を励ましてます。
(痔の手術は、私の中で「痛みベスト1」なのです)


そういうわけでいろいろありますが、とりあえず、がんに関しては
無事に「卒業」です。
腫瘍マーカーとか内診とかで、調べてもらってはいるものの、
やはり不安な部分もあり・・・こうやってCTで結果が出ると、ホッとします。



今日は「せっかく総合病院に来たんだから・・・」と思い、
ついでに皮膚科も受診してきました。


この乾燥する時期、部分的に皮膚のかゆみが出るので(少しアトピー気味)、
定期的に塗り薬をもらっています。
2・3日前から足の裏が痛くて(たぶんウオノメ)それも気になっていたし、
腰のほくろもかゆくて仕方なかったので、一緒に診てもらいました。


足の裏はやはりウオノメ。
「硬くなったところを削るしかないんだよね」と言われ、
いけばな教室用のハサミか?と思うような形のハサミで
(それよりは少し小さめのハサミだったけど)
チョキン!とやられました(T_T)
そんなに痛くはなかったけど、ハサミにビビリました。


そして腰のほくろは・・・
ほくろと言うより「イボ」だそうで、「歳をとるとできるタイプのもの」と
言われてしまいました(^^;)
ちょうどパンツのウエスト部分があたるところなので、
こすれて、かゆみが出やすいようです。
こっちは液体窒素(だったかな?)で、ジュワッと焼かれました(T_T)
しばらくヒリヒリしてましたが、家に帰るころには治まってました。


そして最後には、皮膚科の薬を取りに、「院外薬局」へ(--;)
はぁ・・・ここでいつもテンションダウンするんだよなぁ・・・
今日もやっぱり(--;)←こんな感じでしたわ。
ヤレヤレ・・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

5年・・・今、思うこと

11月12日は、私の手術日でした。


やっと今日、術後5年を迎えることができました。


改めて、すべてのこと&すべての人に、感謝!です。
ありがとうございました。


5年経った今、思っていることを書いてみようと思います。


ガンは、いちおう5年経過すれば大丈夫だと言われていますが、
だからといって、「今日から全く不安がない!!」と、手放しで喜べるものでは
ないんだなぁと思いました。


やっぱりこの病気になった以上は、常に不安があるし、
ちょっとでも体の不調を感じると「もしかして・・・」なんて考えてしまうし、
5年経てば完全に忘れられる、というものじゃないんだと思いました。
(なんだかマイナスなことばかり書きましたけど、私は決して
悲観的になってるわけじゃないですよ~!)


でも・・・
考えてみたら、ガンだけが死ぬ原因にはならないんですよね。


ガン以外の病気で死ぬことだってあるかもしれないし、
交通事故で死ぬことだってあるかもしれない。


誰かがテレビで言ってました。「人間の死亡率は100%だ」と。


死なない人はこの世にいない。人はいつか、必ず死ぬんですよね。


いつか死ぬ運命だってわかっているんだから、それなら私は、
“ガンにおびえて暮らすより、「今」を大切に生きたい!”
そう思っています。


ある詩人のエッセイ本に書かれていた文章が、
私の気持ちにピッタリだったので、それを書いておこうと思います。
(個人のブログとはいえ、勝手に載せると、著作権とか
いろいろマズイと思うので、その詩人の名前は、伏せておきます。)

  * * * * * * * * * * * * * *

父親が死んだ。電話がきて、操縦していた超軽量飛行機が
川に落ちて即死だったと聞いた。


私は、ついにきた、と思った。
いつか飛行機が落ちて死ぬようなことがあるかもしれないと、
趣味で小型飛行機に乗りはじめた時に覚悟したものだ。


(中略)


私は思った。
父は、何か、帳尻が合ったのだろうと。


私は、悲しみというよりも、人生、を感じた。
そして、悲しみは、非常に個人的なものであり、ひとりひとりが
それぞれに解決しなければならないものだと思った。


人の生死に関しては、死は、幸・不幸であらわすものでなく、
それを超えた、もっと静かで深淵で、透明で、中立なものだと思った。


これから先、私も、私の身近な人々も、いつ、どこで、
どんな形で死んでしまうか本当にわからないけど、
私は、私の死を、私のまわりの人に静かに心あたたまるふうに
受けとめられるように生きていきたいと思った。


死を、受け入れられず、悲しまれてばかりでは、きっと困るだろう。


私が死んだ時に、私が願うように、人に思ってもらうのは、
今、現在の私の生き方によるのだと思う。
私が父に対して思ったように、その時の私も、人に思われればと願う。

  * * * * * * * * * * * * * *

「死は、幸・不幸であらわすものでなく」・・・私もそう思っています。
みんな、いつかは死ぬのだから、「幸・不幸」では区切れないと思います。


そして、いつか死んだ時、「会えてよかった」「また会おうね」と
思ってもらえる私になりたい、そう願っています。
そうなれるように、「今」を精一杯生きることが、私のやるべきことだと
思っています。


なんだかカタイ話になってしまいましたが・・・
「こういう気持ちでしっかり生きていけよ!自分!」という
自戒の意味もこめて、書いておきたかったのでした。


長々とカタイ話を書いてしまい、すみませんでした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

成長したい

「ブログ更新しなきゃー!」と思いつつ、
いろいろとやらなければならない用事があって忙しく、
またご無沙汰してしまいました。


「さぁ、今日こそはブログ更新するぞー!」と思ってパソコン開いて、
まずはみなさんのブログをひと通り読んでから・・・と、
ブログに目を通していたら・・・・・
また悲しい出来事を知りました。


私のブログにもコメントくださっていたgonntaさんが、
9月3日に亡くなられたとのこと・・・・・・。
あまりに突然で、信じられない気持ちでいっぱいです。


いつも「頑張るね」と言って、前向きだったgonntaさん。
残念でなりません。


でも、ブログに書かれた娘さんの言葉がとても素晴しくて、
その娘さんの姿に、逆に私の方が、なぐさめられたような気がします。
gonntaさん、娘さんはきっと素晴しい大人の女性に成長されますよ!


gonntaさんのご冥福を心よりお祈りいたします。



悲しいお別れをするたびに、「亡くなられたかたに恥ずかしくないような
生き方をしていかなきゃ」とか「自分の人生をちゃんと見つめなきゃ」とか
いろいろ思うのですが・・・・
なんだか全然成長できていないような気がして・・・・凹んだりします。


先日も、「オー○の泉」に山田邦子が出てるのを見てたのですが・・・
江原さんから「乳がんになったのは女性に生まれた意味を自覚し、
自分を変えるべき時を教えるメッセージです。感謝と思いやりを
忘れずに。」と言われていました。


江原さんに「嫌いな人は“絶対嫌い”ってなっちゃうでしょう?
それをもうやめて、許してあげましょう。そうすることで、
自分も良い方向にいきますよ」とも言われてたんですが、
山田邦子は「えー?!嫌いなヤツを許す?!うわー絶対ヤダ!!」と
言っていました。
なんだかその姿が自分と重なって見えてしまいました。


私にも、いまだに許せない友達がいます。
(詳しくはこちらこちらの記事です)


「感謝と思いやりを忘れずに」という江原さんの言葉に、
「私は自分のことばかり考えてて、友達のことを思いやったことが
あるんだろうか・・・」と考え、「ずっと連絡とってないし、私から
メールでもしてみようか・・・」なんてことも考えてみたのですが、
メールしようとすると、心がキリキリ痛むのです。
どう頑張っても、その友達に会う気になれないのです。


「はぁ・・・やっぱり私、成長できてないなぁ・・・・」と凹みまくり。


でもいつかはちゃんと成長したい。
どんな人にも「感謝と思いやり」が持てる人間になっていたい。
・・・・無理かな~


今は無理だと思うけど、努力だけはしてみます。
そしていつか、私も空に帰ったら、先に空に行ってる友達に
「私、少しは頑張れたよね」と言えるようになりたいな。


頑張るぞっ!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

れひちゃん、ありがとう

昨日の20時過ぎに、カラカラさんから携帯にメールを頂いて、
れひさんが亡くなられたことを知りました。


昨日は私用で外出していて、その外出先でメールを読みました。
何をどうしていいのか、一瞬わからなくなってしまったけど、
「とにかく、カラカラさんに返信だけはしなきゃ」と思い、
少し離れた場所に見えていたベンチに座りました。


ぼーっとしてしまって、どうやってベンチまで歩いたのか、
覚えていません。
でも気がついたら、そのベンチに座って、カラカラさんに返事を
送っていました。


返事をしたあとも、しばらくぼんやりとそこに座っていました。


昨日は夫も一緒に出かけていたのですが、ちょうどその時トイレに行っていて、
トイレから戻ってきた夫は、私がベンチに座っているのを見つけ、
横に座りました。


私の様子が変なので、夫は「どうしたの?」と聞いてきました。
「あのね・・・・」そう言ったとたん、急に涙があふれました。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


れひちゃん、あなたのことを初めて知ったのは、
2006年5月9日、カラカラさんのブログで、でした。


「私は治療中の卵巣がん患者です」というれひちゃんのコメントに、
「あ、私と同じ卵巣がんだー」って、親近感を覚えて、
それかられひちゃんのブログを読むようになりました。


そのうち、読むだけじゃなくてコメント入れたくなって、
2006年5月25日、「リボンマグネット」の記事で、初めてコメントしました。


「卵巣がん同士よろしくです」というれひちゃんの返事が
その時とてもうれしかったです。


どの記事だったか忘れてしまって、何の話からそういう展開になったのかも
忘れてしまったのだけれど、「いつか背の高いこうめさんに、リアルに
抱きしめてもらえるのを楽しみにしてます」って、言ってくれたことがあったね。
いつか会えたら、絶対にぎゅーっと抱きしめてあげると約束したのに、
「リアルに」抱きしめることはもうできないんだね。
それがすごく残念で悲しいです。


悲しいけれど・・・・でも、悲しい言葉じゃなくて、今、私が一番
れひちゃんに伝えたいことは、「ありがとう」ということ。


世の中にはこんなにたくさんの人がいて、一生出逢わない人たちも
大勢います。
その中でこうして出会えたこと・・・ネット上とはいえ、言葉を交わせたこと・・・
それってすごいことだと思うから、出逢えたことに感謝しています。


そして・・・自分がどんなにつらくても、周りの人への思いやりを忘れなかった
れひちゃんは、本当に本当に素敵な女性でした。


いっぱいいっぱい大切なことを教えてくれたね。
本当にありがとう。
心の中で、れひちゃんのこと、抱きしめるからね。


忘れないよ。そして、いつかまた会おうね。


心よりご冥福をお祈りいたします。


※この記事はコメント受付をお休みさせて頂きます。すみません。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧